引越し

引越し後の手続きは?役所と警察署は早めに行こう

こんにちは!

新居に引っ越してから、手続きや荷ほどきでしばらくバタバタした経験はありませんか?

私もそのうちの一人で、ただでさえ住宅購入までの期間たくさんの書類を読んだり書いたりでバタバタしていたのに、引越しをしてからも2週間近くはあれもこれもと毎日仕事をしながら何かとばたついていました…

引越し前までの住宅購入のスケジュールについては、「マンション購入でかかる初期費用は?ざっくりスケジュールも公開!」からご覧ください!

mimi
mimi
役所に行って、免許の住所変更で警察署行って、銀行やクレジット情報も変えなきゃ…( ;∀;)と日を重ねるごとにやることを思い出すダメっぷりでした笑

今回は、引越しの後に必ず行うべき優先度の高い手続きから優先度はそこまで高くないけれど忘れないようにしておきたい手続きまでをご紹介していきます!

・引越し後の手続きはどんなものがあるか事前に知りたい方

・今後の引越し予定があり忘れないように経験談を知りたい方

・引越し後の手続き漏れがないか確認したい方

引越し後に必要な手続き

私が実際に経験した、重要度の高い手続きからご紹介していきます!

①住民票の転入手続き(転出届は引越し前に完了)

転入手続きは引越し先地域の役所での提出となっており、引越してから2週間以内に変更することが原則となっています。

この後の住所変更手続きでも本人確認として必要なこともあるため、住民票は一番に変更する必要があります。

また、転入届を出す日と一緒に転出届も出せば良いと思うと、1日で新旧2箇所の役所へ行かなければならず時間も手間もかかります。

さらに転入届けを出すためには、以前の住所地の役所から「転居届」をもらって新しい役所へ提出をする必要があります。

そのため、転出届は引越し前に以前の地域の役所で手続きを済ませておく方が断然楽でした。

②印鑑証明登録の手続き

我が家の場合、住宅ローンの関係で印鑑証明も新しく取らなければならなかったので住民票と一緒に手続きをしました。

こちらも住民票と同じく地域の役所で手続きが可能となっているために、住民票と一緒に作成してほしいと言えば書類等について教えくれます。

その際、証明として登録をする印鑑を忘れずに持参してください。

③運転免許証の住所変更手続き

次は運転免許証更新のために免許センターか警察署に行く必要があります。

我が家の場合は警察署が近かったのでこちらにいきました。

平日の午後一ということもあってか全く混んでなく、10分くらいで終わりました。

mimi
mimi
あっという間でこれで終わり?っていうくらいすぐでした!

居住を確認できるものが必要とのことで、我が家は住民票を持っていきました。

変更後その住民票は返していただけるので、他に住民票を提出する予定がある方はその分を提出すれば返ってきます。

すぐに変更手続きが終わったとはいえ、翌年免許自体の更新もあったため正直面倒ではありましたが、ペーパードライバーの私からすると身分証明書代わりにもなっているために仕方ありません。

④会社等への住所変更手続き

勤め先の住所変更届も早めに出した方が良いです。

最近では在宅勤務もあって定期代の振込が減ってきている会社もありますが、そう出ない場合でも年末調整の関係でも必要となってくるために会社フォーマットに基づいて提出しましょう。

また、自宅兼事務所としている個人事業主の場合は税務署へ行くか郵送で手続きする必要があります。

提出先は以前の地域の税務署のため、提出間違いに気をつけましょう!

mimi
mimi
私は書き間違えて2回も書き直したわ!

⑤銀行への住所変更手続き

こちらについても、明細が届いたり住宅ローンの重要書類が届いたりとするために早めに行っておきたい手続きです!

特に銀行ですが、うっかり変更を忘れたために2年目以降の住宅ローン控除の書類が届かずに年末調整に間に合わなかったなんてことも結構あるようでした。
(行員さん曰くなので本当だと思います。)

こちらについては銀行にもよるかもしれませんが、いまのご時世ネットで変更できるところも多いようです。

我が家が利用している銀行は全てネット上で変更手続きを行うことができました!

⑥クレジットカード会社への住所変更手続き

こちらも変更手続きはネットが主流ですが、忘れると新しいカードが届かなかったりします。

さらに利用明細を紙で取り寄せている方は、とある日届かなくなっていることに気がつくため早めに変更しておいた方が良いです。

その他キャンペーン情報などのハガキなども届かなくなってしまい、お得な情報を見逃すことになるかもしれないため注意してください!

⑦奨学金やその他ローン会社への住所変更手続き

我が家の場合は奨学金ですが、住宅ローン以外にもローンなどの借り入れがある場合は借り入れ先へ住所変更手続きをする必要があります。

返済状況や引き落とし通知が届かなくなるために、こちらも早めの手続きが必要です。

 

⑧その他会員登録しているアプリやメルマガ、ポイントカードなどの住所変更手続き

その他、随時変更していけば良いかと思いますがアプリやポイントカードなどで住所まで登録しているものがあれば都度変更していきましょう!

個人的にはあまり急ぎではないところですが、ネットショッピングなどで届け先の住所などの変更を忘れて前住所に送っちゃった!なんてことがないようにしたいと思っているところです。

mimi
mimi
うっかりやってしまいそうだわ…

引越し前に郵便局への転送届を忘れずに!

また、引越し前には郵便局への転送届けの提出を忘れないようにしてください。

これを出さないと、引越し後の郵便が古い住所に届いてしまいます。

転送届けさえ出しておけば、約1年間は郵便物が旧住所に送られても新住所に届くので、その期間内に届いた郵便物の住所変更等もを済ませることが可能です。

mimi
mimi
1年間の中で随時住所変更手続きをしていけるわね!

さいごに

引越しをするとついてくるのが住所変更手続きです。

近所ならまだしも、市や県が変わるとそれによって手続きもタイミングよく効率的に行う必要があります。

今回私が引越しをした上で、事前に住所変更リストなどがあれば役に立ったのに〜と思ったことからまとめて見ました!

今後引越しの予定がある方などぜひ参考にしていただけたら嬉しいです!