共働きDINKs

DINKsはずるい?むかつく?なぜ責められやすいのか考えてみた

私はこんなにも大変で苦労しているのにDINKsはずるい。

 

DINKsって自分たちだけで楽しくやってるみたいでむかつかない?

 

こんな風に言われたり考えられたりされやすいのもDINKsの特徴でもあります。

もちろん理解のある方で、そんな厳しいことを言わない方も大勢いらっしゃるかと思います!

しかし、一方でこう言われてしまうことがあるというのも事実です。

なぜDINKsは責められやすいように感じるのでしょうか?

 

結論を先にお伝えすると、自分と異なる生き方をする人を責めることで、自分の人生を正当化できるという考えの人がいるからだと私は考えています。

DINKsが責められやすいことについて、私なりの考察をまとめてみました。

・DINKsが責められやすいのはなぜか気になる方
・DINKs生活を選択するかどうか悩んでいる方

DINKsとは

DINKsとは、子供を作らずに夫婦2人で生活していくことを決めた夫婦を指します。

基本的には共働きを定義しているので、お互いの時間を大切にしたりキャリアを伸ばしたり金銭的に余裕をもてる傾向にあるのが特徴でもあります。

我が家がDINKsを選択した理由については「DINKsとは?割合は?子供のいない家庭となった理由をご紹介します」で詳細をお伝えしているので、興味がありましたら併せて読んで頂けると嬉しいです!

DINKsはなぜ責められやすいのか

DINKsを選択していることで、なぜか人から距離を置かれたりプレッシャーを受けたり、時には叩かれることもあり得ます。

私も結婚3年目くらいの時に職場の同僚に言ったら色々否定された過去があり、相手は心配したつもりかもしれませんが、当時「自分達夫婦の人生なのに…」傷ついた経験があります。

同じように、DINKs家庭の人の中には責められたり理不尽な扱いをされた経験をお持ちの人もいるのではないでしょうか。

なぜDINKsは責められることがあるのか、私具体的に次の4つの理由があるのではと考えています。

・時間に余裕があるから

・金銭的に余裕があるから

・仕事を辞めずに済むから

・自分の人生を正当化したいから

時間に余裕があれば好きなところへいけるし、お金に余裕があれば好きなものを買うことができる。
仕事も辞めなくて良いのであればキャリアを伸ばせるため仕事面で自己成長できる。

このように、子供がいないとできることがたくさんあるという考えを持っている人が多いから責められやすい傾向にあるのかなと感じています。

具体的に4つの理由について解説していきたいと思います。

時間に余裕があるから

日々時間に追われて忙しいのが社会人でもありますよね。

もちろん独身でもDINKsでも子持ち夫婦でも忙しいことに変わりはありません。

しかし、子持ち夫婦の場合仕事以外でも子育ての時間がプラスされます。

子育ての時間はいくらあっても足りないくらいあれもこれもやらなければならず、「自分の時間なんて滅多に取れない」という子持ちの知人が何人もいました。

子供がいる家庭では子供第一であることがほとんどで、自分の時間を取らずに頑張っているパパやママがたくさんいます。

そのため、結婚していても子供を持たないDINKs家庭を見ていると、自分たちはこんなに時間に追われている(追われていた)のに余裕があって悔しいこんちくしょーとなってしまうのだと思います。

金銭的に余裕があるから

金銭面でも、子供がいる家庭では子育てのために仕事を減らしたりやめざるを得ない状況になる夫婦(特に女性側)がいます。

収入が減ることから日々の生活が少し苦しくなったり子供のために使うお金が増えたりと、ゆとりがなくなってくることが多いようです。

その分DINKsは子育てにかけるお金を自分たちのために使うことができたり、今流行りの早期FIREを計画しやすかったりと自由さがあることから、金銭面でも責められやすいのかなと感じています。

mimi
mimi
ただ金銭面が不安定で子供が作れないという夫婦もいるため、一概には言えない面もあります。

仕事を辞めずに済むから

特に女性ですが、子供がいることによって出産・育児休業を取得したり離職したりすることでキャリア形成が難しくなるケースがあります。

自分のキャリア形成に積極的な女性が、子育てのために一次的に仕事を離れただけなのにポジションが変わってしまったり、時短勤務のせいで評価が上がらないなども実際に起きています。

mimi
mimi
私が過去にいた会社で仕事復帰された同僚がそうでした。

もちろん同じかそれ以上の待遇で復帰できる会社もあるかもしれませんが、少数ではないかと思います。

DINKsの場合は、子供がいないことによるハラスメントはあるかもしれませんが仕事のキャリア形成がまだしやすい方です。

そのため、どうしても責める対象になってしまうのかなと思っています。

自分の人生を正当化したいから

これまで3つの視点で話してきましたが、最終的にはこれなのかなというのが「自分の人生を正当化したいから」だと考えられます。

人間ならほとんど誰もが自分の人生うまく生きたいと思うものです。

そのため、自分と違う生き方をしている人を見るとどうしても責めやストレス発散の対象になってしまうのではないでしょうか。

本当にDINKsは責められるほど良い面ばかり?

実際7年以上DINKs生活を送っていますが、良い面もあり悪い面もありです。

やはり子供がいたら良いなと思うことも実際は多く、近所の子連れ家族をみると羨ましいと感じる瞬間もあります。

子供を育てるという夫婦ならではの経験をしたいと心の隅で思うのも事実です。

一緒にお散歩したりテーマパークへ行ったり、心配したり喜んだり泣いたり怒ったり、こう行ったかけがえのない時間を過ごしたいと思ったこともありました。

それなら子供作れば良いじゃんとなりますが、この思いと夫婦2人きりで居たいという思いを比較すると我が家では後者の方に傾いているのです。

mimi
mimi
なぜと言われても、この自分たちの感情がこれなのでそれ以上説明しようがない感じです…

DINKs生活のメリットやデメリットについては「結婚7年以上夫婦が語る、DINKs生活のメリットとデメリットについて」で詳細をご紹介しています!
興味がありましたら覗いていただければと思います。

他人の芝は青く見えるもの

日本のDINKs家庭の中には、欲しくてもできなかったことやカラダ的に無理ができないことから諦めた夫婦もいます。

自分たちの心身の中で選択したことに対して責められるのは、自分の人生をなぜか他人が否定しているように感じられ、決して気分の良いものではありません。

 

mimi
mimi
DINKsは気楽に「子供なんていらな〜い」と考えている人の方が少ないと思います。

幼い頃のトラウマやカラダ的なものなど、何かしら原因があって死ぬほど悩んだ上で選択しています。

表面的には悩みなさそうに夫婦お気楽にやっているように感じるかもしれませんが、DINKsに限らず誰にでも悩みはついています。

隣の芝は青く見えるだけで、実際はみんな悩み妬み苦しみを持っています。

 

他人を責めることに時間や神経を使うよりも、自分の人生に集中した方がずっと有意義に過ごせるのではないでしょうか。

人生の選択はいつも自分

家族のあり方も多様化している現代では、みんな同じことを同じ条件で行わなければならないということはありません。

夫婦2人が納得していれば、子供のいない生活を選択してもそれで良いのではないでしょういか。

周りと同じ生活をするのではなく、自分(たち)が歩みたい人生の選択をすることが大切です。

子供がいないとできることがたくさんあるという考えを持っている人が多いから責められやすいと先述しました。

しかし反対に、子供がいないとできないこともたくさんあるということも理解した上で自分の人生送ると決めている人もいます。

 

人生の選択は、いつも自分。周りのせいにするのは簡単だし楽ですが、一度しかない自分の人生に責任を持って楽しく暮らせればだれかを責めることもなくなるのではないでしょうか。

最後はDINKs関わらずになってしまいますが、お互いの価値観を認め合っていくことが大切だと私は思っています。

・DINKsが責められやすいのはなぜか気になる方
・DINKs生活を選択するかどうか悩んでいる方