簿記

日商簿記3級の難易度は?独学で合格できたテキストをご紹介

こんにちは!

簿記といえば、社会人となってから取得しようと思う資格の上位に常にランクインする常連資格です。

転職するにも履歴書に書く事もできるし、経理などの事務でなくても仕事で何かしら役に立つこともあるし、投資などをする際会社の財務諸表を見ることにも抵抗が少なくなります。

私は学生時代に取得しているのですが、社会人となった今でも取得していて良かったと思う場面が非常に多くありました。

今回は、簿記を取得しようか迷っている方やどんな教材で勉強すればよいのか、専門学校へ通ったほうが良いのか迷っている人への後押しができればと思い簿記3級についてご紹介します。

・簿記を受けようか迷っている方

・簿記3級の勉強法が知りたい方

・何か資格をとりたい方

 

日商簿記3級について

まず日商簿記3級についてですが、2021年度から試験時間や出題に関して変更がありました。

新たな日商簿記検定試験について(日本商工会議所より)

これまで2時間の試験でしたが、2021年6月より試験時間は60分に変更となりました。
他の変更点も合わせ、次に記載しています。

日商簿記3級の試験内容変更について(2021年度より)
・試験時間:120分→60分へ変更
・出題問題:大問5つ→大問3つ以内へ変更
・試験問題・計算用紙:持ち帰り可能→持ち帰り不可へ変更

2020年12月以降すでにテストセンターでの受験も可能となっており、さらに団体試験様式も認められており、様々な条件で受験する体制がここ1年で整ってきています。

日商簿記3級を勉強すると何が分かるの?

簿記3級を勉強すると、簿記の基礎について一通り学ぶことができます。これによって、小規模な会社の経理を理解することができるようになります。

また、経理でなくとも会社のお金の流れがざっくりわかるので内部統制や経営企画、営業などの他部署でも役に立つことも結構あります。

日商簿記3級の難易度は?

簿記の3級は、初めて簿記を勉強する人が最初に受験する資格となるケースが多いです。

難易度としては受験した人のうち、半分前後は受かる試験です。
簿記の基礎をしっかりと身につけられていれば合格できるレベルと言われています。

日商簿記3級の受験者数合格率は?

日本商工会議所のホームページで過去の受験者数や合格率が公表されています。

受験日受験者数実受験者数合格者数合格率
2021.2.2870,74859,74740,12967.2%
2020.11.1577,06464,65530,65447.4%
2020.2.23100,69076,89637,74449.1%

※2020.6.14はコロナの影響によって試験中止となっています。

受験する回によってバラツキはありますが、半分前後が合格するようになっています。


日商簿記3級の勉強法は?

私が簿記3級を受けた際は、ひたすらテキストを読んで都度問題集を解いていました。試験日の2週間前から予想問題集や過去問をとき、出題の感覚を掴んで置くといった感じです。

試験の2ヶ月前くらいから、平日は2-3時間・休日は土日どちらか片方6−7時間ほど時間をとっていましたが、勉強できない日も何日かはありました…。
それでも1発で合格したので、もっと効率の良い方は少ない勉強時間でできるかと思います。

また、近年ではモバイルで勉強するとこができるものが増えており、独学でも授業を受けられるような当時の私からしてみたら羨ましいサイトができています。

youtubeを見るような感覚で学ぶことができるため、飽きずに続けられそうです!


日商簿記3級独学におすすめのテキストは?

私が当時勉強していたテキストは、TACのスッキリわかるシリーズです。

これをほぼ毎日繰り返し読んで&解いてをしばらく続けていきました!

また、直前期は過去問題集を解いたり、次のような予想問題集を解いたりして試験の感覚に慣れていきました。(※2021年度より出題方式が変更となるため、過去問は現在はあまりお勧めできません。)

現在ではネット試験も受けられるようになっており、その対策も盛り込まれた問題集が販売されています。
自宅で受験できるもの変な緊張しないため、実力がしっかり出せそうで魅力的ですね!

何か資格をとりたいなら簿記がおすすめ

簿記3級は、社会人であれは持っていて損はない資格だと考えています。
実際に、私も経理の仕事をしていた時は役に立ったし、その後転職して営業だったりコンサルだったりをしていた時にも簿記の知識が役立つ部分が結構ありました。

決算書を読めるようになることによって、企業の1年間の様子がわかるために株などの投資にも役立ちます。

何か資格を取りたいという方がいましたら、はじめに簿記をお勧めします!

さいごに

先ほども紹介しましたが、スマホで勉強できる資格サイトも現在多く出ています。
簿記に限らず、宅建やFP、ITパスポートなどの勉強もでき、色々な資格を撮りたい人にはぴったりなサイトです。


資格に迷っている方は、こちらを参考にしてみてください。


上記のサイトでは、公認会計士試験に受かった人が講師として説明しています。

ちゃんとした会計のプロが教えてくれるというだけでみる価値はありますが、さらに初月は無料なので、試してみて損はありません!