共働き生活費

30代共働き夫婦の生活費内訳は?貯金はできてる?

こんにちは!

ここ最近、共働き夫婦というのを良く耳にしています。ひと昔、いやふた昔前くらいまでは女性は専業主婦として家庭の中で守り、夫の収入のみで生計を立てているという家庭が多かったはずです。

ですが、女性の社会進出が進んだことや経済の低迷が続き不安要素が増したことなどから、現在では女性も当たり前のように働く家庭が増えています。
我が家もそのうちの一つで、女性である私も社会に出て働いています٩( ‘ω’ )و

共働きをすると収入が増えるという良い面があります。しかし反面、共働きをする事によってお互いストレスもたまりやすくなる事から浪費してしまうことも増えているそうな気がしています。

今回は、共働きをしている我が家の場合どれくらいの生活費割合で暮らし、どのくらいの割合で貯金ができるのかについてご紹介します!

・家計管理の方法を知りたい方

・30代共働き夫婦の貯金割合を知りたい方

・世の中の共働きはどんな生活費割合で生活しているのか知りたい方

・おこずかい制を導入しようか迷っている方

 

30代共働き夫婦の家計管理

まず、我が家の場合は完全おこづかい制で生活しています。
同棲時代はそれぞれ別でお金の管理をしていたのですが、結婚した際に「家計管理をどうしようか?」という話になり、お互いの収入を知ったことから管理は1本化しようという事になりました。

そのため、給料日に私がお互いの収入を確認して各生活費に振り分けをしています。
と言っても給与口座から差し引かれる住宅費や奨学金、通信費などを確認してから引き出しです。

また、クレジットをよく利用しているのですが、夫婦共有生活費とお小遣いの区別がつけられるよう簡単な家計簿をつけています。本当にざっくりで、項目は「共有生活費」「私お小遣い」程度です。

おこづかい制にするか迷っている方も多くいるかと思いますが、夫婦一緒にしっかりと目的を持ってお金を貯めていこう!という場合には、おこづかい制がおすすめです。

というもの家計管理をバラバラで行っていると「相手がある程度貯金をしていてくれているだろう」「私はこのくらい貯金していれば良いや」となっていると、思っているほどお金が貯まっていなくていざ必要となった際に困る可能性があるからです。

自分が自由に使えるお金があると、人間なかなか使ってしまう生きものです。貯める目的があるのであれば、自由に使うお金の金額を決めてうまくやりくりする術を身につける方が実体験上うまくいきます!

 

30代共働き夫婦の生活費内訳

我が家の生活費内訳は、次の割合です!

項目割合
夫婦共通生活費(食費日用品娯楽)12.5%
住宅19.0%
水道光熱費2.5%
通信費(スマホ(格安sim)・ネット・NHK)1.1%
保険1.5%
奨学金返済2.8%
医療費1.2%
夫お小遣い6.2%
妻お小遣い6.2%
貯蓄(現金つみたてNISA投資等)47.0%

これに夫の残業代が別途あるときは貯蓄に回しています。
また、大きな出費があるときは貯蓄やボーナスから出すことが多いです。

ボーナスは基本的に貯蓄ですが、今年は住宅を購入したので新しい家具やこまごまとしたものを購入する予定なのであまり貯蓄はできなさそうです…
家を買うってお金がひたすら飛んでいきますね笑

マンション購入でかかる初期費用は?ざっくりスケジュールも公開!こんにちは 先日、マンション購入をしたとこちらの記事でご紹介しました。 https://dinks-mimi.com/ren...

また、お小遣い制についても夫婦ともに濃い趣味が現在あるわけではないため(趣味見つけていきたい欲はあります…)現状で満足しています。
休日はいまの情勢もあって自宅でNetflixやアマゾンプライムを見ていることが多くインドア生活が中心( ✌︎’ω’)✌︎

洋服や靴についてもあまりこだわりがなく、アウトレットなどでまとめ買いすることが多いです(時々物欲爆発しますが、おこずかいの範囲内で納めています( ;∀;))

30代共働き夫婦の貯蓄

次に、貯蓄についてです。

我が家の場合、夫婦ともにつみたてNISAを行なっています。

つみたてNISAは老後の資金問題を解決する!?こんにちは つみたてNISAについて以前ご紹介しました。 https://dinks-mimi.com/small-inve...

更に、私が業務委託契約で働いているため個人事業主扱いとなっています。
個人事業主だと、「小規模企業共済」という中小個人事業者向きの退職金制度のようなものに加入することができるため、節税も兼ねて加入しています。

小規模企業共済は危ない?個人事業主の退職金はここで作ろう!こんにちは! 今の世の中では、NISAやiDeCo、ふるさと納税など、節税節約をするために様々な方法が存在しています。 私は...

この2つについては、毎月定額で半強制的に貯めることが出来るので貯蓄全部を使い果たすという暴挙が取れないのが魅力です!
人間どうしても衝動買いなどお金を計画的に使うことのできないことがあるので(うちだけ!?)こういった制度を活用して最低限貯金をしていくという方法を取っています。

現在は先述した住宅購入ですっからかんとなりかかっている状態ですが、年間300万円くらいは貯蓄できている状態です。

 

本当は400万円くらい貯蓄したいのですが、日々のストレスとの付き合い方で自炊も完璧には出来なしし買い物もしたいし遊びにもいきたい(コロナ渦なのであまりいけませんが…)ので、無理な節約をするのはやめようという事になりました。

さいごに

30代共働きといえば、ある程度会社でも責任のあるポジションにつく方が増えてくるかと思います。そのため、20代の時には感じることのできなかった重圧感などに押しつぶされそうになる日もあるかもしれません(´;Д;`)

その分収入が増えたとしても、そのまま使ってしまう可能性もあるためつみたてNISAなどで半強制的に貯金をする習慣をつけると安心度が変わってくるかと思います。

我が家もそれまではストレスが溜まっている事に気がつかないでお金を浪費してしまうことがよくありました。とある日にこれに気が付いて、自分たちの心地よいお金の使い方について考えるようになり、それからはある程度セーブすることが出来るようになってきています。

30代共働きの人ってどんな生活費の割合で暮らしているのか、私たち夫婦の一例を参考にしてくださると嬉しいです!