家具家電

埃が見えるセンサー付き!ダイソン掃除機DysonV12 Detect Slim Fluffyが優秀!

2021年5月26日に、ダイソン掃除機「Dyson V12 Detect Slim Fluffy (SV20 FF)」が販売されました。

ダイソンの掃除機はかなり長いこと販売がされてきていますが、今回V12シリーズということで、これまでになかった新しい機能も追加されています。

 

我が家はこれまでダイソンのV8を使用していたのですが、長年使用してきたせいか一部壊れてしまったり重かったりしたため今回このダイソンV12シリーズに買い替えをしました。

 

結果からお伝えすると、昔よりも軽量化されていることや髪の毛が絡まないヘッドも販売されていたりと、これまでのダイソンの掃除機から更に便利になっています。

mimi
mimi
ほこりの可視化ができるようになり、汚れているところが見えるため、掃除機も気持ちよくかけることができるようになりました♪

 

これから買い替えを検討されている方には、ダイソンのV12掃除機シリーズをオススメします!

新しく掃除機の買い換えを検討している方や、今のダイソンの掃除機の性能について知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

・掃除機を新しく買い換えたい方
・ダイソンV12掃除機の性能を知りたい方
・ダイソンV12掃除機の使い勝手を知りたい方

ダイソン掃除機V12Detect SlimFluffyの概要

ダイソン掃除機V12は従来品と比較して、ほこりが見えるセンサー機能が付いていることや、付属として髪の毛が絡まないクリーナーヘッドがあることが違いです。

本体サイズ
(スティック装着時)
W250×D1095×H234mm
重さ2.20kg
最長稼働時間エコ:約60分/中:約30分/強:約5分
充電時間約3.5時間
スイッチタイプボタン式

ダイソン掃除機V12Detect SlimFluffyの特徴

ダイソン掃除機V12はの特徴は、次の5つです。

・ほこりが見えるセンサーライト付き

・髪の毛が絡みにくいヘッド付属品

・液晶ディズプレイに吸引したゴミの量がサイズ別でわかる

・最長60分の運転時間

・前回シリーズよりも吸引力のアップ

ほこりが見えるセンサーライト付き

今回のダイソンV12では、細かいチリやほこりを見ることができるライト付きです。

パッと見た目には見えないゴミまで見ることができ、「実際はもっと汚れているんだ…」と若干のショックを受けつつも掃除が捗ること間違いなしです。

これまで綺麗に思えていたところも、実際にセンサーを当てると埃が溜まっていることがわかるため、日々の掃除にやりがいを感じることができます。

髪の毛が絡みにくいヘッド付属品

これはパナソニックで先に発売していたクリーナーに追随して出来たもので、ヘッドに髪の毛がよく絡まってしまっていたダイソンの欠点を補うような形となりました。

確かに髪の毛を吸ってもヘッドに残ることが少なく、髪の毛が落ちやすい脱衣所などの掃除機がけに役立っています。

mimi
mimi
前回使っていたものは、頻繁にヘッドを見ていないとあっという間に髪の毛が絡まってしまっていたので、V12になってからストレスが軽減されました♪

液晶ディズプレイに吸引したゴミの量がサイズ別でわかる

掃除機で吸ったゴミって、具体的にどんなものかってなかなか考える機会ってないかと思います。

ダイソンの掃除機ではゴミの大きさを判別することができることから、 どんな場所でチリや埃が多いのか、ダニがいたのかなどに付いて確かめることが可能です。

最長60分の運転時間

一度充電してしまえば、エコモードで約60分の稼動ができることも特徴です。

液晶モニターに残りの稼働時間も表示されるため、必要に応じて充電することができるます。

そのため、ずっとコンセントにつないでいる必要もなくなるために電気代に無駄が出にくくなります。

前回シリーズよりも吸引力のアップ

前回シリーズのDyson Digital Slim Fluffyと比較して、吸引力もUPしています。

掃除機であるからには、吸引力があることは必須ですよね。

運転時間内であれば変わらない吸引力で掃除をしてくれるため、同じところを何度もかけなくても住むのが特徴です。

ダイソン掃除機V12を使用した感想

久々に掃除機の買い替えだったため、どんなものかと期待していました。

ひとことで言えば「想像以上に家汚かった…。」です。

掃除機の感想でなくて申し訳ないのですが、正直に思ったのはこの一言です。

 

掃除機に関しては、以前のものと比較して軽量化していたことから楽に掃除機がけをすることができるようになりました。

また、センサーライトによってほこりの可視化ができるようになったことから、我が家ではどこが汚れやすいのかを定期的に見るきっかけにもなっています。

mimi
mimi
つまり、夫婦ともに掃除機をかける回数が増えたのです!笑

更にボタン式のスイッチになったことから、これまではトリガーを引き続けて掃除機をかけなければなりませんでしたが、この手間をなくして掃除をすることができるようになりました。

以前はトリガー式でも良いと思っていましたが、手の位置などを変えながら掃除したいときに不便を感じていたので今回のボタン式には大満足です!

髪の毛も専用のヘッドを使うことで本当に絡まりづらくなりましたし、稼動時間も伸びたためゆっくり掃除機がけをすることもできます。

充電も前回ほど頻繁でなくなったので、助かっています。

 

反面、当初の購入金額が高めだったということはデメリット面として挙げられます。

ダイソン自体が高めなので、セールのタイミングで型落ちを購入する方がコスパ良く済むのかなと思いました。

そして、ゴミ捨て時のダストボックス内にはやはり髪の毛は絡まってしまっていました。

ヘッドに絡まなくなったのは良いですが、ダストボックス内も髪の毛が絡まないようになれば完璧なのにと感じています。


ダイソン掃除機V12の評判・口コミは?

私以外の方で同じものを使った人の評判や口コミをご紹介します。

ダイソン掃除機V12のメリット

ダイソンV12のメリットは次の5つが挙げられます。

・最長60分の吸引力

・ほこり可視化センサーライト付きで掃除がしやすい

・髪の毛が絡まりにくいヘッドのおかげで髪の毛が絡まりずらい

・ボタン式のスイッチになったことからずっとトリガーを引き続けなくても良くなった

・軽量化が進んでいて、持ち上げやすい

ダイソン掃除機V12のデメリット

ダイソンV12のデメリットについてご紹介します。

・ダスト部分は相変わらず髪の毛が絡まっている

・値段が高い

ダイソン掃除機V12Detect Slim Fluffyの購入はこちら

今回私が購入したV12Detect Slim Fluffyの他にも、掃除機はいくつもの種類があります。

公式ホームページやamazon、楽天市場などからダイソンの掃除機は購入可能です。

\公式ページはこちらから/

公式サイトでは、ブラックフライデーセールも開催されています。

最大半額以上もお得にダイソン商品の購入ができるため、お得な商品を見てみたいという方はぜひ公式ページをご覧ください!

ダイソン掃除機V12Detect SlimFluffyについてまとめ

ダイソンは毎回新しく商品が発売されるたびに、素敵な機能がつくことが多いです。

ダイソン掃除機V12はこれまでのお客さんから寄せられた意見などを反映して作られた商品なのかなと感じています。

メリットとデメリットまとめは次の通りです。

ダイソン掃除機V12のメリット

・最長60分の吸引力
・ほこり可視化センサーライト付きで掃除がしやすい
・髪の毛が絡まりにくいヘッドのおかげで髪の毛が絡まりずらい
・ボタン式のスイッチになったことからずっとトリガーを引き続けなくても良くなった
・軽量化が進んでいて、持ち上げやすい

ダイソン掃除機V12のデメリット

・ダスト部分は相変わらず髪の毛が絡まっている
・値段が高い

ほこりが見えるセンサーライトは本当に便利で、我が家でも掃除をするために毎回役に立っている優れものです。

掃除機の買い替えを検討されている方は、ぜひこのダイソンV12も候補として公式ページなどを見ていただければと思います。

\ブラックフライデーセール中!公式サイト/

・掃除機を新しく買い換えたい方
・ダイソンV12掃除機の性能を知りたい方
・ダイソンV12掃除機の使い勝手を知りたい方