家庭

室内に緑を飾ってで癒しの空間を♪おすすめ観葉植物のご紹介!

こんにちは!

一日お仕事をしてから帰ってくる家の空間って、格別に気持ちよくないですか?

 

疲れた身体を癒して明日への活力を蓄えるために、お部屋は出来るだけ心地よい空間にして過ごしたいですよね!

 

そんなお部屋の中を更に気持ち良い空間にするために、我が家では観葉植物を飾っています(n‘∀‘)η

 

今回は、観葉植物を飾ることのメリットとおすすめ観葉植物についてご紹介したいと思います。

 

観葉植物を飾ることのメリット・デメリット

メリット

観葉植物は、飾って視覚的に癒されることはもちろん、お部屋の空気をきれいにしてくれる約割もあります。

 

葉には、日にあてると二酸化炭素を吸って酸素を放出するという空気清浄の効果あります。酸素を放出することによって、体の酸化を抑え、疲労回復の効果が期待できます。

また、観葉植物によっては、夜間でも酸素を放出してくれるというものまであるため、寝ている間も空気清浄をしてくれます。

 

  • 緑に癒される
  • お部屋の空気清浄をしてくれる
  • お手入れがしやすい
  • インテリアとしても映える
  • 風水的にも楽しめる

 

デメリット

メリットはたくさんありつつも、観葉植物は生き物です。

適度なお手入れができないと、人間と同じで枯れてしまいます。

 

また、犬や猫などのペットを飼っている家庭では、観葉植物の種類によっては中毒性のあるものもあるためちゅういが必要です。

 

  • 最低限のお手入れはしなければならない
  • 犬や猫を飼っている家庭では注意しなければならない

 

おすすめ観葉植物①ポトス

ポトスは、100均などでも簡単に手に入り、栽培が簡単なことから人気の高い観葉植物です。

葉は艶やかな感じで、蔓がどんどん伸びていくため成長していく姿を楽しむことができ、更に日光や水をあんまり必要としないため、室内で容易に育てることが可能です。

暑さに強いが寒さに弱い性質があるため、冬場はできるだけ10度を切らないところで管理することをおすすめします。

 

おすすめ観葉植物②モンステラ

モンステラという名前はラテン語で「異常や怪物」の意味がある「モンストラム」に由来すると言われています。

丸みを帯びた大きな葉を持つモンステラは室内の運気を整えて幸運を呼び込み、金運がアップするとも伝えられています。

また形のかわいさから気持ちを穏やかにするので、人が集まるリビングなどの室内に置くとストレス解消効果や癒し効果が期待されます。更に、簡単に育てられる割に邪気を払う効果もあり、邪気の溜まりやすい室内の隅やトイレに置くと清々しい気が流れるようになると言われています。

こちらも熱帯の植物であることから夏場は強いですが、冬場はあまり寒くならない部屋に置いてあげてください。

 

おすすめ観葉植物③サンスベリア

日中はもちろんのこと、夜間も空気清浄効果が高いとのことで寝室へ置く観葉植物としての人気も高いのがサンスベリア。

乾燥に強いのが特徴で、2.3週間水やりをしなくても大丈夫ですが、水のあげすぎは枯れてしまう原因となることがあり、ほかの観葉植物とは異なる育て方になるので注意をしてください。

 

観葉植物についてまとめ

我が家では2年ほど観葉植物を育てていますが、スクスク成長してくれています!

そろそろ株分けするか大きな鉢に移すかを考えているくらいですヽ(*´∀`)ノ

 

ペットを飼いたいけど飼えないという方は、成長を見ていくことが出来る観葉植物が特におすすめです!

癒しとくつろぎのためにも、お部屋にいかがですか?

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました.+*:゚+。.☆