節約

ふるさと納税とは簡単にできるの?限度額はどうやって調べる?

こんにちは

ここ数年でてテレビCMやネットでもよく見るようになった「ふるさと納税」
私たち夫婦も数年前より始めて、たくさんの返礼品を頂いています。

節税というよりも、本来自分の居住地域に払っていた税金を他の地域に払うことによってその地域から返礼品をいただけるという仕組みとなっていて、節約という意味の方が高いと感じています。
今回は改めてふるさと納税ってそもそも何だっけ?どうやってできるのか、また限度額の調べ方についてまとめていきます。

ふるさと納税ってなんで出来たの?

ふるさと納税とは、自分が現在住んでいる自治体以外に納税する制度のことです。
起源は、自分が生まれ育った町と社会人となって働く地域が異なることが多い中で、自分が生まれ育った「ふるさと」にも納税することができても良いのではないかというある総務大臣からの問題提起から始まりました。

東京や大阪など、働く人の数が集中する地域ほど納税される税金も増えます。しかし、そうでない地域では、納税する人が都会へ出て行ってしまうために税金が集まらず、素晴らしい特産や名所があっても地域発展する資金が途絶えてしまう可能性もあります。

こう行った税金の偏りを一部見直すために作られたのがふるさと納税です。


ふるさと納税とは?

先述した理由から生まれたふるさと納税ですが、具体的にどんな制度なのかご紹介します。

ふるさと納税は、各都道府県・市区町村への寄付金のことを指します。
自分が住んでいる地域以外へ寄付することが出来、原則自己負担額2000円を除いた全額が住民税や所得税から控除されます。
控除するためには、自分で確定申告または寄付地域が5つ以内であれば「ワンストップ特例制度」を寄付した地域へ提出することで確定申告を省くことが可能です。

ふるさと納税ってどうやってやるの?

ふるさと納税のやり方については、各ふるさと納税のサイトが作成されているためそちらで寄付することが出来ます。
ネットショッピングをするような感覚で寄付することができるため、近年のネット社会であれば、だいたいの方はここから寄付することが可能となります。

さとふる

ふるさとチョイス

ふるなび

楽天ふるさと納税

などがよく利用されているものです。

私はポイントがよく溜まることから楽天ふるさと納税をよく活用しています。
普通のネットショッピングと同じように買い物をする感覚で寄付ができるので手軽にできますよ〜!

 

ふるさと納税の限度額はどう調べる?

ふるさと納税を行うにあたって大切なのが、寄付することができる限度額を知ることです。
私も一昨年やらかしたのですが、限度額以上に寄付してしまっても住民税や所得税から控除されずに持ったにないことになります。(返礼品をもらっても税金控除されないために割高で買っただけということに…)

限度額については、シュミレーションサイトが各ふるさと納税サイトにあります。
次のサイトは楽天ふるさと納税の簡単シュミレーションです。
年収・家族構成・扶養家族について入力するだけで、目安の金額が出てくるのでこの金額を超えないようにするというライン付けができるので便利です。

(楽天ふるさとの納税かんたんシュミレーション)

これらを使用して、ざっくりの上限額を知ることで、寄付のやりすぎを防ぐことが出来ます!

さいごに

ふるさと納税を始めてから、我が家ではお米やお肉、お魚やフルーツなど日常の食事をより楽しむために食品をよく注文します(*´ω`*)
通常納税する分の範囲内での税金を他の地方に回すことで美味しいものをいただくことができることで食費にも貢献していますし、その地域の特産を知ることが出来ます。

ふるさと納税で我が家が頼んだものも記事にして行くので、具体的にどんな返礼品を頼んでいるのか、ほんのわずかな興味がありましたらみていただけると嬉しいです!