住宅購入

インテリアオプションは必要?時短かコストかで使い分けよう

こんにちは!

マンションを購入する上で、楽しみの一つでもあるのが部屋に合わせた新しい家具やインテリア、壁紙などの内装ですよね(*゚∀゚*)

リビングは明るめの壁紙やカーテンにしたり、寝室はシックにしたり、考えているだけで楽しい時間がすぎていきます♪

マンションを購入すると、大抵の場合は「インテリアオプション会」という施工会社主催のイベントが開催されます。

内装選びに時間をかけたくない!という方はインテリアオプション会で決めてしまった方がはるかに時間は効率的ですが、その分コストはかかってきます。

mimi
mimi
世の中うまいことは行かないものなのか…

今回はインテリアオプション会で購入するか、自分で探して購入するか、どちらが自分に向いているか我が家での選択を参考にご紹介します!

これからオプション会を迎えるよ〜という方はぜひ参考にしてください。

・これからオプション会を迎えるよという方

・オプション会のコストの高さに驚いている方

・自分で手配することが面倒臭いと思っている方

 

新築マンションのオプション会について

新築マンションを購入した際に、オプションとして追加料金を払うことでモデルルームのような立派な内装にすることが出来ます。

完成済みマンションの場合、内覧会後にオプション会が開催されて壁紙やエコカラット 、カーテンや照明、キッチンボードやコンセントの増設などをすることが出来ます。

もし完成前マンションでしたら、間取り変更なども対応しているところもありますが、今回は完成済みマンションのケースなので後付けできるものが対象です。

自分で購入するとしたら自分で採寸しなければならないカーテンなどでも、サイズを図る手間なく生地を選ぶだけで済むので手間が少ないことがメリットです。

また、実際の生地の質感などを確かめながら、かつ何が良いかプロに相談しながら購入することまでできるのですが、一つだけネックがあります…

ズバリ、コストです!!

インテリアオプションを施工会社から購入すると、中間マージンが発生するためにどうしてもコストは割高となる傾向にあります。


オプションで頼む方が向いている人

マンションを建てた業者が販売しているので、サイズや部屋とのバランスについてはしっかりとアドバイスして貰えるのがメリットです。

このように、自分での採寸や業者選びを手間に感じる人や、入居までに忙しく時間を作ることが出来ない人にとっては、一箇所行くだけで全てが揃うために効率的で面倒もありません。

・とにかく手間をなくしたい人

・忙しくて自分で手配する時間がない人

・内装のアドバイスを受けながらその場で商品を選びたい人

自分で頼む方が良い人

新築マンションのオプション会では、実物ベースやカタログベースで商品が盛り沢山です。

もし自分が当初からこれが良いというものが決まっていた場合、オプション会で同じものがあるか確認して、結果論ですがなかった場合は自分で頼むことになります。

我が家の場合、カタログを見ただけで正直決めきれない…と思いそれならば自分たちで探して「これ!」と思ったものを購入しようということになりました。

また、自分で頼む方がコストはだいぶ低くなります。

後日記事でご紹介しますが、エコカラットを外注で頼んだのですが金額はオプション会で頼んだ場合より半分以下になりました。

マンション入居までに時間があって、じっくり時間を使ってコストと品質のバランスを取りたい人には自分で頼むことをおすすめします。

・時間をかけて自分で業者を見つけたい人

・コストを安く抑えたい人

・オプション会でこれというものがなかった人orありすぎて断念した人


我が家のオプションケースについて

我が家については、初めはオプション会で表札とキッチンボードとエコカラットを頼もうとしていました。

しかし、表札については防犯面からやはりつける事をやめたので廃止。

そしてキッチンボードについては、既にマンションが完成して日にちが少し経っていたため、今頼むと2ヶ月半ほどかかると入居1ヶ月前に言われてしまったためこちらも断念。

エコカラットも、オプション会ではとてつもなく高かったために断念。

結果的に当初から外注しようとしていたものも含め、全て自分たちで手配することとなりました( ;∀;)コスト的には安くすみましたが、それでも面倒臭さも正直あります。

さいごに

インテリアオプション会はとてもテンションが上がるイベントのうちの一つです。

思わずあれも良いなこれも良いなで、当初の想定とは異なるものまで検討しそうになったほどです(*´Д`*)

我が家は結果的には全て外注となりましたが、自分や家庭の状況に合わせてオプション会と外注をうまく組み合わせる事で、手間とコストのバランスを取ることができるかと思います!

これからオプション会を迎えるよ!という人は、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。