簿記

経理や人事など管理部門の転職ならMS-Japanがおすすめ!経験談もご紹介

こんにちは!

転職はいまや、人生で一度は経験する人が多いのでは?と言われるくらい身近なものとなりました。

私自身も自分に合った働き方を探すためにこれまでに5社ほど転職をしてきました。

mimi
mimi
多いな!笑

仕事は簿記を持っていたことから経理や人事などの管理部門職を中心に、会計事務所の経験までさせていただいています。

現在は業務委託契約でいくつか経理関連の仕事に携わらせていただいているのですが、ここまでたどり着くまで毎回転職エージェントさんにはお世話になっていました。

今回は、私が管理部門や会計事務所への転職時に利用していた「MS-Japan」について紹介します!

管理部門や士業への転職を考えている方にぴったりの転職エージェントなため、この記事を読んでぜひ登録だけでもしていただけたらと思います。

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

MS-Japanとは?

MS-Japanとは、管理部門と士業に特化した転職エージェントです。

経理や人事はもちろん、法務や経営企画などの企業の守備や経営の根幹となる部署への転職をサポートしてくださいます。

また会計事務所や法律事務所、司法書士などの士業への転職実績も高く、数多くの非公開求人を持っていることから、登録率No. 1を誇っています。(2019年3月時点)

mimi
mimi
私自身もここから過去2社へ行きました! 会計事務所と上場企業の経理です!

私の経験上、転職に関するサポートが手厚く毎回の転職で困ることがなく、スムーズに転職することが出来ました。

そのため本当にオススメできる転職エージェントさんです。

MS-Japanって何がすごいの?

MS-Japanのすごいところは私が経験した上では次のことかと思っています。

・管理部門の転職案件の多さ

・士業への転職案件の多さ

・履歴書や職務経歴書のアドバイス

・セミナーや個別相談会の実施

・企業側との交渉を代わりに行ってくれる

管理部門の転職案件の多さ

管理部門って、転職したくても他の転職サイトでは中々良い条件のものが見つからないということはありませんか?

私もよくネット上に出てくる転職エージェントに当時登録していたのですが、管理部門の案件があっても残業が多そうだったり、給与が低かったり、休日出勤があったりと、中々自分が理想とする条件の企業が見つけることは難しいと感じていました。

当時見つからなくて、しばらく途方に暮れていた時にこのMS-Japanをネット検索で見つけました。

試しに会員登録をした後、管理部門に特化しているということだけあってか、非公開案件や直接エージェントの方が提案してくださった案件を見てからというものの、すぐに納得できる条件のものがいくつも見つかったのです!

mimi
mimi
あれだけ途方の暮れていた時間が嘘みたいでした♪
経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

士業への転職案件の多さ

管理部門と同じく、税理士や弁護士、司法書士などの士業の案件が多いのもMS-Japanの特徴です。

士業に転職したいとなると、いまは資格はないけれど勉強をしてその士業に就きたい!という思いを持っている方もいるかと思います。

しかし、勉強もしながら士業の実務を学ぶことが出来る環境を探すのは容易ではありません。
そのため現在の職場で両立が叶わないとなると、勉強をしながら実務経験を積める事務所へ転職を希望される方も多いのではないでしょうか。

MS-Japanでは仕事と勉強の両立が出来る環境の案件も持っているため、試験日前や当日に有給や公休が取得できる環境に転職することも可能です。

mimi
mimi
もちろんその時の案件状況にもよります!

またすでに士業としての資格を持った上での転職ももちろん可能となっており、資格や経験に見合った収入になる転職先を見つけることも可能となっています。

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

履歴書や職務経歴書のアドバイス

転職をするにあたって、必ずと言っていいほどついてくるのが履歴書と職務経歴書です。

この人はこれまでどんなことをやってきた人なのか、どんな学歴・職歴なのだろうかと採用する側は気になっています。

その採用側の疑問を書面である程度解決するために私たち転職者がアピールするものとして履歴書や職務経歴書があるのです。

mimi
mimi
重要だとわかっていても、正直めんどくさいのが本音ですが…。

しかし、いきなり書こうとしても履歴書ならともかく職務経歴書は固定のフォーマットがあるわけでもないため、書くことに困ります。特に初回の転職ほど困るものです。

この職務経歴書何書くの問題についても、MS-Japanであれば一からアドバイスしてくださるために解決することが可能です!

私もろくにかけている状態ではない職務経歴書をチェックしていただいたことによって、企業側に実績が伝わるように綺麗にまとめることができました。

mimi
mimi
第三者からの視点で見てもらうことはすごく重要でした!

MS-Japanのホームページ上にもサンプルなどがあるため、参考にしてみてください。

セミナーや個別相談会の実施

転職するにも、どんな場所で自分の何を生かしたいか迷うこともあるかと思います。

そんな時には、MS-Japanでセミナーや個別相談会でプロのエージェントに相談してみることをおすすめします!

このご時世で電話での相談会も行っているため、直接出向かなくても自宅で安心して相談することが可能となっているのが特徴です。

mimi
mimi
自宅で相談できるなんて楽だし安心ね!

また管理部門や士業など業界自体の話も聞けるため、今後の転職への情報収集としても充分に使うことが出来るサービスです。

会員登録するだけでサービスは全て無料で受けることが出来るようになっています。

MS-Japanの登録はこちらから可能です!

プロの視点で今の自分を見てもらうことで、この先の仕事についてのイメージがつきやすくなって来るはずです。

さらに希望があれば面接対策なども行ってくれるため、登録後に相談してみることもおすすめします!

企業側との交渉を代わりに行ってくれる

転職時に必ずついてくる企業との面接ですが、この面接時や面接後に内定が出てから給与などの条件提示が企業側からされます。

その際に企業側と交渉するのは苦手だけど、何とか自分からの条件伝えたい!ということが起こることも充分にありえます。

その際、MS-Japanならば仲介に入って自分の代わりに条件交渉も代わりに行ってくれます。

お金の話などって中々面と向かっては行いにくいですが、エージェントが代わりに行ってくれると思うと気兼ねなく希望を伝えることが可能ですよね!

MS-Japanの登録から転職までの流れ

MS-Japanの登録から転職は完全無料で簡単に行えます!

転職までのステップは5つで次の流れとなっています。

各ステップごとに、私が経験してきたポイントを載せているので一緒に読んでいただけると嬉しいです!

step1.会員登録

いきなり転職ではなくても、相談からでも可能なのがMS-Japanの特徴です。

気軽に相談できるので、まずは登録をしてみることをおすすめします。

MS-Japanの登録はこちらから出来ます!

登録することで自分の将来が広がることも充分あり得ます。
今の仕事や給料に満足していない方は、他の世界を覗くためにも登録してみて損はありません。

step2.キャリアカウンセリングや相談

登録後、私たちの登録情報や希望をもとに具体的なキャリアプランの提案や求人情報を教えてくださいます。

私たちと企業側とをマッチングさせるためにしっかりとしたすり合わせが行われます。

ここでは給与や働き方など、正直な気持ちでお話しすることが大切です。
実際の面接には全く影響しないため、ぶっちゃけ話をして自分のことをよく知ってもらうようにした方が良いです。

step3.求人情報紹介

面談後、求人の細かい内容も教えてもらうことが可能です。

データ上では分かりにくい実際の企業の風土や雰囲気について、エージェントさんがわかる範囲内で伝えてもらうことが出来ます。

エージェントさんの伝え方によって変わる部分もあるかもしれませんが、ここで自分に合う合わないをある程度ふるいにかけることが可能です。
ミスマッチを起こしにくくするためにも自分が納得するまでしっかりと聞くことが大切です。

step4.選考・面談

案件について具体的な情報を聞いた後、選考に出す場合は書面からスタートです。

書類選考に通った後は、他のエージェント会社と同じく企業との面接が始まります。

日程調整などはMS-Japan経由で行われ、選考結果やその他連絡事項についても全てMS-Japanを仲介して行われます。

面接前に、アドバイスなどもいただけるためにここはしっかりと情報を頭に入れておくことをおすすめします!

step5.内定・入社

無事面接に通過したら、内定の連絡もMS-Japanから連絡がきます。

ここで給与などの交渉をしていただくことも可能なので、もし条件に疑問があった場合はMS-Japanを通して確認をしっかりしましょう。

また内定が出てからいま勤めている会社へ退職の連絡をする場合、どう伝えたら良いかのアドバイスもいただけるため、困ったときは気軽に相談してください!

MS-Japanの登録はこちらから出来ます♪

MS-Japanはあくまでも転職サポートです。
自分の納得できる転職になるよう妥協しないようにしましょう!

管理部門や士業への転職考えているなら登録して損はなし

MS-Japanは私の経験上一番手厚く転職をサポートしてくださったエージェントさんでした。

今後管理部門や士業への転職を考えている方がいたら、一番最初に提案するかと思います。

転職を本格的にしないにしても、仮に自分のスキルで転職するとしたらどんな企業が提案されるのか確かめておくのも悪くはないですよね!

転職市場などの情報収集も完全無料で行えるため、使わない手はないと思います。

この先の自分の人生のために、窓口を広く持ってみませんか?

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】
合格者が語る!日商簿記1級の勉強法や実際に役立ったことをご紹介簿記検定の最高峰である日商簿記1級 税理士試験や公認会計士試験を今後受けていこうという人の登竜門となっている資格ですが、資格自体も...
日商簿記2級の勉強法は?転職にも役立つ万能資格で人生豊かにしよう!日商簿記2級といえば3級よりも難易度は上がりますが、資格としての価値はその分高くなり就職や転職にも役立ちます。 日商簿記3級をまず...
日商簿記3級の難易度は?独学で合格できたテキストをご紹介簿記といえば、社会人となってから取得しようと思う資格の上位に常にランクインする常連資格です。 転職するにも履歴書に書く事もできるし...