節約投資

実際どうなの?つみたてNISAは老後の資金問題を解決するか試算してみた!

こんにちは

つみたてNISAについて以前ご紹介しました。

つみたてNISAとは?メリットやデメリットを知った上で投資しようこんにちは つみたてNISAといえば聞き覚えのある方が多いのではないでしょうか。 私も2020年からやり始め、「投資」というもの...

20年間非課税投資ができるため、毎月投資していくことで老後の資金として貯めやすい制度ではないかと考える方も多いのではないでしょうか。

我が家では、夫婦ともに月33,333円ずつ積み立てており現在順調に積み上がっています。
このつみたてNISAについては、我が家ではよほどのことが無い限り老後の資金に当てることを考えています。

今回は、実際につみたてNISAを20年行なった際にいくらになるのかのシュミレーションを行い、老後の資金として使えそうかどうかについて考察していきたいと思います。

・つみたてNISAを老後資金にあてようか迷っている方
・つみたてNISAのシュミレーション試算結果を知りたい方
・投資をしようか迷っている方

つみたてNISAシュミレーション

実際に、金融庁の資産運用シュミレーションサイトで試算しました!

試算条件は次の内容です。(ひとり分)

・つみたて金額:月33,333円
・つみたて期間:20年
・想定利回り:5%


(金融庁:資産運用シュミレーションより参照)

上記の条件で試算した結果、元本800万円に対して運用収益約570万円となりました。
通常に貯金しているだけでは20年で800万円にしかなりませんが、つみたてNISAで運用することによって、運用収益には税金がかからないため570万円丸ごと手元に来ることとなります。

貯金をするだけでは800万円にしかなりませんが、つみたてNISAで年利5%で運用することで1,370万円にもなることがわかります。

 

もちろん5%想定のため完全にその通りにいくかは定かではありませんが、仮に3%であったとしても運用収益は約294万円となり1000万円以上の資金ができます。


(金融庁:資産運用シュミレーションより参照)

20年間つみたてNISAを行うことで、試算通りであれば老後資金として1,000万円以上貯める事ができるとわかりました。

これだけではまだ心もとないかもしれませんが、元本分のみを単純に貯金するよりも豊かになるため、ぜひ利用しておきたい制度ではないでしょうか。

つみたてNISAの利用者は少ない!?

つみたてNISAの利用者は2021年6月時点の速報で約417万人に留まっています。
金融庁:NISA利用状況調査より

一般NISAは1237万人、ジュニアNISAは56万人で合わせて1,710万人くらいです。
日本の人口が約1億2500万人のため、利用している人は(口座開設のみの人も含んで)13.6%くらいにとどまっています。

マネーリテラシーの話が良く取り上げられるようになって来てはいるものの、実際に非課税の投資を利用している人は思ったよりも多くないように感じます。

2024年からは新NISAが始まるため、この機を待っている方もいるかもしれませんね。


普通に貯金するだけではお金は増えない

日本では現在、低金利時代になっていて預金の金利も下がっています。
昔は1%以上の金利は当然でしたが、現在では0.001%の銀行が多くなっています。

100万円預けても1万円だったのが、今や10円にしかなりません…
これではお金は増えませんね。

しかし3%の利回り投資をすれば、1年間の投資で100万円が103万円にもなります。

mimi
mimi
昔は預金でお金を増やしていましたが、現在は投資でお金を増やす時代ですね♪

老後資金は自分で作る!

老後資金について、私たちは年金を毎月支払っていますが、支払った年金をそのまま老後にもらう事ができるわけではありません。

日本の場合、今の若い世代が今の老人を支えているという仕組みとなっているため、私たち30代前後が老人となる時にはそのまた20〜30年後の若い人たちに支えてもらう必要があります。

しかし、日本では現在少子化が進んでいるため、一人当たりの老人を支える力が年々弱くなって来ています。
こうなると後の世代の人に支えてもらうというよりも、自分たちの豊かな老後を送るために今から自分たちで資金作りをする方が確実に老後破産の心配も少なくなります

今の時代、終身雇用制度も危うくなっている中で退職金もどのくらいもらえるのかは怪しいです…
直前になって「こんなはずじゃなかった!」と後悔するよりも、今から少しずつリスクを避けて行けるように動いた方がきっと自分の人生納得できるかな〜なんて思っています。

つみたてNISAは老後資金問題を解決するかについてまとめ

老後資金問題の解決のために、つみたてNISAは手段としてぜひ使っておきたいものだと試算からわかりました。

自分が投資するもののリスクについて承知の上で、計画的に始めていくことで将来に備えた資金作りができます。

また老後資金といえば、NISAよりもiDecoというイメージを持たれている方も多いかもしれません。
確かにiDecoの方が60歳まで引き出せないという強い制限があるために、こちらの方がメリットに感じる人もいるかと思います。

しかし、現状投資をして老後のお金を十分に作ろうと思った時に、老後を迎える前に資金が必要となる可能性も0ではありません。

こういったときに、つみたてNISAであれば強制力は少ないので何かあったときに早めに現金化できるというのが利点にもなるのではないでしょうか。

利用の仕方は様々ですが、メイン目的は老後資金のための投資、サブ目的として老後前に資金が必要となった時の助け船として活用できるのもつみたてNISAです。

通常の投資では、利益の約20%を税金として持って行かれてしまいますが、NISAであれば全額手にすることが可能です。

老後資金のために投資を始めようと考えているのであれば、始めにつみたてNISAをしてみてはいかがでしょうか。

・つみたてNISAを老後資金にあてようか迷っている方
・つみたてNISAのシュミレーション試算結果を知りたい方
・投資をしようか迷っている方