住宅購入

ペアローンって損しかない?メリットとデメリットをご紹介!

こんにちは!

共働き家庭が住宅ローンを組むときに悩むものの一つとして、

単独で借りるのか

収入合算で借りるのか

ペアローンで借りるのかがあります。

我が家の場合は、共働き家庭だからこそ住宅ローン控除の恩恵を受けるためと片方の借入の負担を減らすためにペアローンを選択しました。

住宅ローン控除についてはこちらの記事で紹介しています!良ければ一緒に読んで参考にしていただけばと思います。

住宅ローン控除ってどのくらいお得?金利と減税分を比較しようこんにちは! 先日、マンションを購入するという記事でもお伝えしましたが、我が家ではフルローンで購入していて住宅ローンの恩恵を受けら...

今回は、ペアローンを組むことのメリットとデメリットについて紹介します。

・ペアローンで組むか迷っている方

・実際ペアローンで組んでる人はいるのか知りたい方

・ペアローンにすることのメリットとデメリットについて知りたい方

ペアローンとは

ペアローンとは一軒の物件に対して2人分のローンを組むもので、物件は共有名義となるものです。

2人分の借入が行えるために単独よりも大きい金額を借りることができ、より住みたい住宅を購入する選択肢を増やしてくれます。

そして初期費用は2人分かかりますが、住宅ローン控除や団信も2人分のためにトータルでお得となるケースもあります。

しかし一方で、共働き家庭であったとしても先々子育てで妻または夫が仕事を辞めることや、病気でどちらかの収入がなくなってしまうと返済時にリスクが生じるといったことから懸念されることも多いようです。

よく似ている?収入合算との違いは?

よく似ているものとして、収入合算というものもあります。
これはひとつの物件を1人分のローンを組むものですが、どちらかが主債務者となり、どちらかが連帯債務者となるケースです。

二人分の収入で借り入れができるため少し高めの物件でも借り入れができたり、住宅ローン控除も連帯債務型では受けることができるとの事なので節税目的では良いかもしれません。

しかし団体信用生命保険には主債務者しか加入できないことが多いため、連帯債務者に万が一のことがあった時でも負担は残ってしまいます。

二人で上限ギリギリの金額を借りていた場合、主債務者の返済負担は二人の時と変わらないため、片方の収入が途絶えると生活が苦しくなる可能性も考えられます。

ペアローンのメリットは?

ペアローンのメリットとして、借入可能金額が大きくなることです。

また、2人分の住宅ローン控除や該当すれば住まい給付金制度を受けることができます。

さらに夫は固定金利・妻は変動金利などと借り入れの返済期間や金利を夫婦別に設定することが可能です。

そのため金利によるリスクを分散することができます。

しかし、金融機関は統一かつ一緒に暮らしていることが基本条件となっているので注意してください。

mimi
mimi
夫婦でリスク分散できると安心ね!

ペアローンのデメリットは?

2人分の書類が作成される関係で、印紙代や事務手数料などが2倍かかってきます。

mimi
mimi
我が家はここで支払う金額よりも住宅ローン控除で返ってくるお金の方が大きかったのでokとしました!

また、単身であれば万が一ローンを組んだ方が亡くなった場合は住宅ローンが全額免除となります。
しかし、ペアローンの場合はどちらかが亡くなっても残った方のローン消えません。

二人とも団信に入ってるため仮に妻が亡くなったとしても、妻が借り入れた分しか免除されず、夫の分のローンはそのまま残るため引き続き返済が必要です。

共働き家庭では近年ペアローンが増えている

金融機関の方から聞いた話ですが、近年は女性も子供ができても働き続けることが多くなったために住宅ローンもペアローンにする方が増えているようです。

もちろん必要以上に借入金額を大きくすることはありませんが、どちらかに何かがあったときのリスク回避としてだったり、住宅ローン控除を2人分受けるためだったりと、様々な要因でペアにするケースが増えているとのことでした。

mimi
mimi
実際我が家も住宅ローン控除を2人分受けるためにペアローンにしています!

住宅ローン控除の恩恵は大きい

実際に、住宅ローン控除が2人分受けられるのは大きいです。

例えば借入金額5000万円をペアで2500万円ずつ借り入れたとして、単身で5000万円借りるよりも審査には通りやすくなります。

さらに、住宅ローン控除も単身では40万円が限度ですが、夫婦2人だと最大で80万円控除されます。(長期優良物件の場合は50万円。夫婦2人で100万円)

2人とも一定の収入が継続して見込める場合には、ローン控除やリスク分散としてペアローンをすることもありです。

しかし、2022年度より住宅ローン控除についての内容が見直される可能性が高くなっています。

見直しがされると、控除額が今よりも少なくなる見込みとなっています。

そのため住宅購入のタイミングはローンも含め、事前に考えておくことをおすすめします。

 

まずは仮審査を受けてみよう!

ペアローンをするにしても、まずは「住宅ローンをどこの銀行で受けるか」というのを考えなければなりません。

そのためには、住宅本舗の一括仮審査申し込みをすることをおすすめします!

【住宅本舗】まずはシミュレーションから

銀行によっては金利や諸費用、保証内容などが異なってくるため、比較するためやどのくらいの銀行から仮審査OKが出るかなどを確認する必要があるからです。

約115の銀行から最大6つ選択することができるため、大手から地方銀行まで比較することが可能となっています。

住宅を購入するにしても、ローンを組む場合は銀行への仮審査を出さなければなりません。

直接自分たちの足で複数の銀行へ行って仮審査をするのであれば、一括比較ができる住宅本舗で仮審査をしてみるのはどうでしょうか?


さいごに

住宅を購入するにあたって、どう行ったローンの組み方をするかなど様々なことで迷われる方は少なくないと思います。

我が家の住宅購入に関する一連の経験についてこちらの記事でまとめているので、今後の参考などにしていただければ嬉しいです。

30代dinksがマンション購入!入居までの経緯や初期費用も公開!こんにちは! 我が家は30代Dinks家庭ですが、2021年に住宅購入をしました。 これまでたくさんの住宅購入に関す...