投資

つみたてNISAとは?メリットやデメリットを知った上で投資しよう

こんにちは

つみたてNISAといえば聞き覚えのある方が多いのではないでしょうか。
私も2020年からやり始め、「投資」というものに挑戦し始めました。

つみたてNISAを始めるまでは、投資というものにどうしても「賭け事だ…」と抵抗があったのですが、近年の日本の状況を見ていると貯金だけでは不安に思えてきたために始めてみる事となりました。

今回は、つみたてNISAとは何かその内容についてご紹介します!

・つみたてNISAに興味がある人

・つみたてNISAを始めたいけど内容があやふやな人

・投資を始めたいけどリスクはあまり取りたくない人

・すでに始めているけど再確認したい人

 

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、2018年1月から始まった少額資金から長期や積立投資などを支援するための非課税制度です。

非課税制度とは、通常であれば課税(税金が取られる)ものが、非課税(税金が取られない)になるために、本来税金として徴収されるお金が自分の手元に残るというお得な制度です。

具体的にどんな制度?

具体的に、年間新規で40万円までを上限として投資した分の譲渡益や分配金に相当する分の税金が非課税となります。

2018年につみたてNISAを開始している人は、2037年分までの20年間毎年40万円投資することが出来ます。
つまり、20年間で最大800万円(20年×40万円)の投資を行うことが出来、各年20年間分の譲渡益や分配金は非課税です。(21年目からは課税となってしまうため、どこまで保有し続けるかは先に考える方が良いかもしれません。)

(金融庁:つみたてNISA概要より引用)

現状、2023年までに始めるとMAXの20年間(2042年まで)積み立てることが出来るので、始めるのであれば2023年までに開始するのがおすすめです。(国の見直しで再度延長される可能性もあるかもしれませんが…)

つみたてNISAとは別に、NISAという制度もありますが今回は割愛します。NISAについての記事はこちらです!

 

つみたてNISAのメリット

先ほども記載しましたが、つみたてNISAのメリットは何と言っても非課税となっていることです。1万円の投資をして1000円儲かったとすると、通常では200円が税金として取られ手元に残る利益は800円ですが、つみたてNISAでは儲かった1000円全額が手元にきます。金額が大きいほど取られる税金金額も増えるため、これはとても魅力的です。

また、投資を始めたことがない人が始めるきっかけにもなります。最大では40万円ですが、この金額以内であればもっと少額から始めることが出来ます。金額の変更もできるため、状況によって3万円から1万円に変更などと言ったことも可能です。

さらに、いつでもやめることができるというのもメリットではないでしょうか。始めたとしても、何かの理由で投資を続けることが出来なくなる状況があるかもしれません。このような時に、わりとすぐ売却できるため、チャレンジしやすいかと思います。

・非課税

・少額から投資を始められる

・いつでもやめることができる

・マネーリテラシーが身につく

 

つみたてNISAのデメリット

メリットがある一方で、元本割れのリスクがあるなどデメリットも考えられます。
つみたてNISAも小規模とはいえ投資です。投資した先がハイリスクな投資先だったり、世界情勢などのタイミングが悪いと一次的に損になってしまいます。
しかし、一次的に損になっても、回復して最終的に含み益がでる状態になることも十分あるため、ここで売ってしまわないようにすることが大切です。

また、21年目からは課税対象となることにも気をつけなければなりません。2018年に投資した分が、2038年からの含み益分は課税対象。2019年に投資した分は2039年から課税対象。と言ったように、現行の制度では最短で2037年から毎年課税に切り替わるため出口戦略も考えた方が良いです。

さらに、つみたてNISAは長期で行うことを前提としているため、短期で売却すると大きくリターンを取ることが出来なくなります。

・元本割れ

・投資した年から21年目は課税となるため税金が約20%取られる

 

我が家のつみたてNISAについて

我が家の場合、毎月夫婦で各33,333円ずつ合計66,666円をつみたてNISAに投資しています。
私は「SBI・バンガード・S&P500」という銘柄に入れているのですが、いま現在は順調に含み益が増えていっています。

先々また暴落等で影響を受けることがあるかもしれませんが、それでもなるべく売却はMAXまで行わないようにと考えています。
あくまでも、つみたてることが目的であるため余程のことがなければ持ち続けます。

さいごに

最後に、マネーリテラシーをつけるきっかけとなることもメリットと考えられます。現在日本では諸外国ほど投資が進んでおらず、預金率が異常に高い国です。
その昔は預金金利がすごく高かったことから、預金に入れているだけでお金が増えていましたが、現在は超低利息(0,01%など)のため増えるお金は微々たるものです。



また、日本の超高齢化社会・少子化という先が見えているため、社会保険料や年金の支払いは増える一方で、会社の給料は伸び悩んでいると言われている世の中です。

そんな世の中でもしっかりと自立して生きていくために、お金に関してもっと知る必要があると感じています。

そのためのきっかけとしても、つみたてNISAを使わない手はないと思います。
(無理に進めているわけれはありません。知るだけでも全然違います。)

NISAはつみたて以外にも種類があり、年間の投資可能金額や期間なども異なります。

こちらについて詳細は、「NISAとは?投資初心者が資産運用を簡単に行うための制度」を読んでいただけたらと思います。