在宅

在宅勤務に中心になったメリットとデメリットは?

こんにちは!

新型コロナウイルスの影響から、これまで会社に行って仕事をするという形から在宅で仕事をするという形に変化してきている方がたくさんいるかと思います。

私もそのうちの一人で、完全在宅とは行きませんが1ヶ月で会社へ行って仕事をする時間は40-50時間程度となりましたᕦ(ò_óˇ)ᕤ
1ヶ月のほとんどを自宅で仕事する体制となってから、ガラッと生活習慣も変わり良い面も悪い面もどちらも感じています。

今回は、在宅勤務となって感じたメリットやデメリットについて個人が感じていることについてご紹介します。

・在宅勤務に魅力を感じている人

・在宅勤務ができる転職先にしようか迷っている人

・在宅勤務と会社勤務の選択ができる人で迷っている人

・在宅勤務の良い面悪い面を知りたい人

 

在宅勤務のメリット

通勤する時間がなくなった

まずは何と言っても通勤時間がなくなることです。毎日満員電車に乗る必要もないため、人混みに塗れることがなくなりました。
電車遅延などが起きると、どうしようもないくらい電車内がすし詰め状態となり会社に着く頃にはヘトヘトになってしまうこともあったので、快適に仕事を始めることができるようになりました。

また、出勤するときも時間差出勤が認められているため、混雑を避けた出勤ができます。

時間の効率化となった

通勤がなくなることから、その分の時間を別のことに当てることができるようになりました。通勤に1時間ほどかかっていたのですが、その分浮いて家事や読書など好きなことに時間が使えるようになりました。

また一日在宅の際は、外へ行く格好へ着替えることもしないため楽な格好で楽な姿勢で仕事をすることができ、一人で仕事をするため全集中できる時間が長くなったことから進捗も早くなりました。
さらに、会社での余計な会議に参加をする必要もないため、以前より無駄も省かれています。

勤務地にこだわりがなくなった

これまでは自宅から1時間圏内と思って仕事を探していましたが、次に在宅勤務の仕事を探すときにはこれに縛られることがなくなります。

最近マンションを購入したのですが、これもより自宅で快適に仕事をするためということが主な目的です。

都内駅近の狭いマンションよりも、少し離れた場所で広々とした環境で仕事をすることでより自分の仕事にやりがいとハリ出て来ます。

マンション購入に関しては「30代dinksがマンション購入!入居までの経緯や初期費用も公開!」で詳細を紹介しているのでご覧いただければ嬉しいです。

人間関係に悩むことが減った

以前はちょっとした言動や態度によって悩むことが良くあったのですが、在宅勤務となることによって人と顔を合わす機会が減ったのと比例して悩みも減りました。

お昼ご飯を自由に食べることができるようになった

これまでは、お昼ご飯は順番にというのが暗黙のルールでしたが、自宅では自分のお腹が空いたときに切りの良いタイミングで食べることができるようになりました。

更に自宅で食べるためにお弁当を作る必要も無くなりましたし、家にある適当なもので食べたり時々ご褒美でubereatsを頼んだりと会社ではなかなかできないことができるようになったのもメリットです。

【クーポン付き】uber eatsの使い方を解説!在宅ワークの味方こんにちは! ubeeatsといえば、今や宅配デリバリーの代表格と言っても過言ではありません。 全国各地でサービス提供が開始...

在宅勤務のデメリット

仕事とプライベートの切り替えが難しくなった

自宅に会社のパソコンがあることによって、いつでも仕事ができてしまう環境になったのも事実です。
一旦仕事が終わったとしても、メールが返って来ていないかなど気になって夜に見てしまうこともしばしば…。
仕事の合間に家事ができるもの良い反面切り替えが難しいときもあります。
自宅でも完全に切り離せるよう、仕事部屋に鍵をつけたりしようかも考えているくらいです。

人間関係の構築が難しくなった

これまで毎日顔を合わせていた人と合わせなくなるため、コミュニケーションを取ることが難しくなりました。
これはメリットの人間関係で悩まなくなるというのと反面していますね。

合わなくなることによって、反対に空気感で相手が思っていることが分からなくなったり、組織についていけなくなることもあります。

また、新しく入社して来た人と顔を合わす機会もなく、歓迎会などの飲み会をする機会もないため、新しく人間関係を構築することが難しくなりました。

 

在宅でもそうでなくても人間関係は難しいものかもしれません。

今まさにそう思っている方がいましたら、「仕事に人間関係もう嫌!心が疲れた…そんな時にオススメの本」を読んでみませんか?

こちらで紹介している本は、実際に私が人間関係に困ったときに読んでいた本たちです。

大量の印刷物を気軽に出せない

この時代に大量の印刷物とは…と思う方もいるかもしれませんが、毎月一定の印刷物が出ているのが私の仕事の現状です。
そのため、在宅では自宅のプリンターから印刷をするのですがどうしても一度の量が多いと会社のプリンターで出力する方が便利さを感じます。

運動不足に陥る

普段から体を動かす習慣がある方はこれはなんともないかと思います。
私の場合、通勤が運動ガラリとなっていたことから一日中家で在宅することによって体を動かす機会が一気に減りました(´;Д;`)

体重も3キロ増加して体がなまっているな〜といった感覚が結構あります。
それでも一日仕事をすると改めて外へ行くのが面倒くさくなってしまうため、運動不足になってしまいました…。

 

先日かろうじてジムに入会したのですが、その際にタンパク質を摂ることを意識すると良いとスタッフさんから聞きました。

そして「タンパク質入りコーンクリーム」を見つけたので食事の一部として簡単に取り入れるようにしています。

さいごに

在宅勤務となってからは、メリットデメリットを感じつつ私はメリットの方が圧倒的に勝っています。
この体制が続く限り今の会社も比較的快適に過ごすことができそうなので、転職もしばらくは大丈夫かななんて思っています。

次に転職をするとしても、在宅することができる仕事を探すと思います。



日本でもようやく在宅が広まって来たことで、様々な事情があって会社で仕事をすることが叶わなかった人でも自宅仕事をする環境が整って来ていることに社会人として嬉しさを感じます(*´ω`*)